ウィッグでスタイルチェンジ

さりげなくお洒落

ウィッグでスタイルチェンジ

ウィッグは雰囲気を簡単に変えることができる優れたアクセサリーです。
髪色を変えたいと思っても、仕事柄染めてはいけないと決められていて難しい人もいるでしょう。
ロングにあこがれてはいるけど、手入れが面倒だし髪の毛が伸びるのが遅い人もいます。
また、ボブにしてみたいけど髪の毛を切るのはもったいないと躊躇してしまう人もいます。

そんな人にぜひ使用してほしいのがウィッグです。
装着も簡単ですし、身につけるだけで雰囲気や印象をがらりと変えることができるからです。
ウィッグは頭全体を覆うものだけではなくて、部分的に着用するものもあります。
誰もが一度はあこがれるぱっつん前髪用や、おだんごヘアー用などがあるので簡単にイメージチェンジすることができます。

昔は高いイメージがありましたが、最近はお洒落アイテムとして普及しているためお求め安くなりつつあります。
カチューシャやハットなどのアクセサリーとあわせると、よりナチュラルに見えますよ。


ウィッグの手入れのコツはこれです!

高級なウィッグを長持ちさせるにはいったいどのようなことに注意しなければいけないのでしょうか。
それをひとつずつ確認してみたいと思います。
まず第一にウィッグのとかし方です。
ウィッグの毛髪も含めて人毛はキューティクルというもので髪の毛の表面が覆われています。
このキューティクルは根元から毛先に向かい生えそろっていますのでとかすときは、必ず根元から毛先に向かって行います。
さらに次にシャンプーをする際ですが、自分の毛髪を洗うようにゴシゴシしてはいけません。
指をコームと見立てて、これも根元から毛先まで指を通すように洗うのです。
次に流す際も同様に根元から毛先に行いますが、洗面台等にお湯をためて行うと良いです。
少しずつお湯をかけながら根元から毛先に指を通しながら洗い流していくのです。
ある程度流すことができたら、すべて流す前にリンスをつけます。
絡まないようにシャンプーが若干残った状態でつけることがポイントとなります。
シャンプーとリンスが混在している状態でやはり同じように根元から毛先に指を通しながら洗い流していくのです。
ある程度リンスが残っている状態でもう一度リンスをつけ根元から毛先に向かいお湯をかけながら洗い流していくことで洗いが終了します。
乾かす際も自然乾燥では傷むためドライヤーを弱風にして乾かしますが、これも根元から毛先にドライヤーの熱、風を当てます。
このようにして手入れをすることで長く使うことができます。

check
cawaii|おしゃれな森ガールワンピースの通販
http://www.rakuten.ne.jp/gold/onepi-c/
4℃のネックレス
http://www.rakuten.co.jp/apre-with/
iPad(アイパッド)修理-大阪 |キャッスル
http://www.castle-iphone.com/
トイプードル 販売
http://www.tiarapets-puppy.com/
保育士の求人のご案内|ベルサンテスタッフ株式会社
http://www.bellsante.co.jp